院長ごあいさつ

患者さんは、愛すべき存在。

「精神障害で苦しむ方々は決して偏見の目で見るものではなく、むしろ愛すべき存在である。この病気はいつ誰がなるか判らない。そしてこの病気の為に苦しんでいる患者さんや家族の方も沢山ある…」
これは昭和38年、当病院の建設にあたりその是非を問う町民大会での父(前理事長)の言葉です。
この志のもと、数多くの患者さんと共に当院はこれまで歩んで参りました。私もまた幼い頃そんな患者さんと共に過ごす中で、いつからか医学を志し精神疾患で苦しむ方々の手助けが出来たらと考えるようになりました。
そして「精神疾患の患者さんは愛すべき存在だ」という言葉が、私の感性を揺るがしたのは言うまでもありません。
医師となり、熊大付属病院神経精神科に入局し、その後国立熊本病院(現国立病院機構熊本医療センター)、熊本県立こころの医療センターを経て、平成18年9月1日より当院院長を務めさせて頂いております。
多様化する現代社会においては、想像を絶するストレスが溢れております。あらゆるニーズにお応えできるよう、幅広く、質の良い医療を目指しております。
当院の信念、理念をしっかり継承しながらも、早期の診断と医療支援の実現を目指し、チーム医療を充実させ患者さんの地域、社会参加への働きかけを行います。

和顔愛語

病院訓である「和顔愛語」を常に心に覚え、様々な問題を抱える方々の心の安らぎのため、患者さんと歩む病院づくり、患者さんに信頼される職員教育を目指し努力を続けます。

院長
鳥

病院概要

病院名

医療法人社団 松本会 希望ヶ丘病院

理事長・院長

松本 武士

設立

1963年(昭和38)11月

所在地

〒861-3131 熊本県上益城郡御船町大字豊秋1540

TEL・FAX

TEL 096-282-1045
FAX 096-282-3640

診療科目

精神科/心療内科/神経内科/児童精神科/小児科

専門外来

もの忘れ外来
児童・思春期外来
ネット依存外来

対象疾患

うつ病/認知症/統合失調症/神経症/心身症(ストレスによる頭痛、腹痛、呼吸苦、動悸など)/睡眠障害/パニック障害/PTSD(心的外傷後ストレス障害)/アルコール関連障害/けいれん性疾患/知的障害/器質性精神障害/発達障害[自閉スペクトラム症、ADHD(注意欠如多動症)、学習障害など]/不登校/ひきこもり/ネット依存 など

病棟

1病棟:精神一般病棟 48床
2病棟:精神療養病棟 42床
3病棟:児童・思春期病棟 30床
O病棟:認知症疾患治療病棟 42床

医師紹介

  • 理事長・院長

    松本 武士

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本精神神経学会/日本児童青年期精神医学会

    専門資格

    精神保健指定医

  • 顧問

    弟子丸 元紀

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本精神神経学会/日本児童青年期精神医学会/日本老年精神医学会/日本ADHD学会/日本思春期青年期精神医学会

    専門資格

    精神保健指定医/精神科専門医・指導医

  • 副院長

    杉本 啓介

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本精神神経学会/日本児童青年期精神医学会

    専門資格

    精神保健指定医/産業医

  • 常勤

    立津 美惠子

    - 精神一般

    専門資格

    精神保健指定医

  • 常勤

    坂本 亮子

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本精神神経学会/日本児童青年期精神医学会

    専門資格

    産業医

  • 常勤

    泉 雄気

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    精神神経学会/臨床精神/神経薬理学会/日本児童青年精神医学会

  • 非常勤

    樋口 重典

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本小児科学会

  • 非常勤

    佐々木 博之

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    日本精神神経学会、日本児童青年期精神医学会

    専門資格

    精神保健指定医

  • 非常勤

    上野 達郎

    - 精神一般、児童思春期

    所属学会

    精神神経学会